052-846-4001 メールでのお問い合わせ
052-846-4001メールでのお問い合わせ

新しい会議手法〈ZOOM会議〉の段取り

こんにちは。設計監理部の中島です。

 

先日土曜日に四半期会議を実施いたしました。


監理部は設計部と合わさり設計監理部として新しく出発いたしました。これからは監理だけでなく、設計を通してさらなる成長をしていけると思うとワクワクしております。

 

最近の会議はZOOMで行うことが多く、準備の方法が変わってきました。


今までは相手の雰囲気を感じながら、会議を進めていくことが多かったのですが

ZOOM会議になって事前の準備をどれだけ詰めていくことが大切か改めて実感をいたしました。


自分の中でプレ会議をさぼってしまうとうまくいかないですし、100%の準備では80%の会議になってしまいます。


120%の準備をして、100%以上の会議をすることが結果的に効率的になりますので、

とにかく段取り120%で進めたいと思います。

 

 

2020.7.28

設計監理部

中島

USコンペ審査会を開催しました!

 

 

7月18日(土)「未来こども園建築デザインコンペ」の審査会が開催されました。

外部から審査員の先生方をお呼びして、100件以上もの作品を審査しました!

 

この日は社内の黒板も華やかでした

 

 

思いのこもった113件もの作品!

 


様々な形やコンセプトのこども園に、「こんな素敵な作品を作れる人がこんなにたくさんいるんだ」とひたすら感動していました。。。

さらに専門的な先生方のコメントを聞いて、建物を見る視点や、考え方、設計の仕方など改めて考えさせられることが多くありました。

 

私は直接設計に携わる人間ではありませんが、この学びを今後の仕事に活かせたらと思います!


今回はunder30ということで、大学院生の方や更にはフリーランスの方などの参加もあり、非常にレベルの高い作品が勢ぞろいだったかと思います。

その中でも優秀だと評価され、賞をいただいた方達の作品は非常に素晴らしいものでした!

 

審査員も真剣に選出中です…!

 

 

惜しくも今回、賞には届かなかった物の中にも優れたものはたくさんありましたので、参加された皆様には今後も楽しんで設計を続けてほしいと思います。

 

今回のデザインコンペの結果発表は、7月25日(土)に発表致します。

いましばらくお待ちください!

 

 

来年のコンペも非常に楽しみです!

 

大田

不動産のご相談もおまかせください。<【IFS】のご紹介>

ユーエス計画研究所の不動産部門の「医療福祉すまいマネジメント有限会社」の村上です。

 

「医療福祉すまいマネジメント」とは少し不動産業者らしくない名前ですがユーエス計画研究所の誇るグループの不動産会社です。

 

略してIFS(イフス)とも呼ばれてもいます。

 

建築を計画検討する場合、不動産問題がしばしからんできます。

不動産は、売ったり、買ったり、貸したり、借りたり、いや自己所有の使用を考えたり、などなどまだまだ悩みはつきません。

 

ご安心下さい、ユーエス計画研究所にはこのIFS(イフス)があります、建築にかかる煩雑な不動産のご相談にも応じています。IFS(イフス)はベテランぞろいで、私、村上も不動産の大きな波をくぐりぬけ四十年この世界を見てきました。

 

さあ、そこにはIFS(イフス)がいます、計画用地のご紹介、遊休地の有効活用はもちろん、建築計画の不動産の困りごともふくめて、どうぞユーエス計画研究所,医療福祉すまいマネジメント(IFS)にご相談ください、待っています。

《 ユーエス計画通信 7月号 》を発行しました。

お世話になっております。

介護・障がい・子育て・医療施設に特化した

名古屋の設計事務所 ユーエス計画研究所

メディアソリューション室の木本で御座います。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

この度、ニュースレター《ユーエス計画通信 7月号》を発行しました!

 

ユーエス計画通信はこちらのページに

バックナンバーを掲載しておりますので

どなたでもご覧いただくことができます。

⇒《ユーエス計画通信》バックナンバーはコチラ


↑クリックでPDFが表示されます。

 

 

7月号は「夏」ということで青い海!広い空!のブルーと

さんさんと輝く太陽のイエローで夏を感じる色合いでまとめました。

年4回発行なので紙面で四季を感じて頂けたらと思います。


つまり、1年間で発行される4枚のユーエス計画通信を見れば

ユーエス計画研究所の1年の出来事がまるわかり!となります。

 

この調子でバックナンバーが増えていけば

いつかユーエス計画通信で冊子がつくれるのではないでしょうか?

 

ユーエス計画研究所はいま第30期目なので

5年後の祝・35期の記念誌として

《~ユーエス計画通信の歩み~》が発刊される可能性も0ではありません!

頑張ります。

 

 

ニュースレターにも記載しましたが

時代の波に乗るべく、会社のInstagramを開設しました。

 

未だあまり更新はありませんが

建築設計事務所として建物のこと、日常、どこかに行ったご報告など…

 

これから更新をしていく予定ですので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

すでにInstagramをやられている方は

是非是非フォローしてください!

 

⇒ユーエス計画研究所Instagramはコチラ

 

 


最後に、「第4回 未来こども園建築デザインコンペ」

U-30部門の作品募集が6月末で締め切りとなりました。

今回の作品数は過去3回のコンペのなかで最多数の113件となりました。
多くのご反応・ご応募を頂き、誠にありがとうございます。

 

第4回からの新たな取り組みである
20歳以下対象の「U-20部門」
30歳以下対象の「U-30部門」

年齢ごとに部門を分ける試みも当初どのような

レスポンスが来るのか不安な面もありましたが
ご好評をいただいているようで安心しました。


昨日、ご応募いただいた作品を少しだけ拝見する機会があったのですが、

全体のレベルが高いコンペティションになっていると感じました!

今回、エントリーしたけど制作が間に合わなかった方も
次回《第5回 未来こども園建築デザインコンペ》を計画中ですので
テーマは変わってしまいますが、
自分だけの未来こども園の設計計画を温めておいていただければ幸いです。

 

 

審査~結果発表は予定通り行われますが、

表彰式に関しては現在、新型コロナウイルスの影響を鑑みて調整中です。

 


それでは、結果発表をお待ちください!

 
 
失礼します。

コロナ×3ヶ月

はじめまして。企画室の大田です。

 

4月より入社いたしました、新入社員です。皆様これからよろしくお願いいたします。

 

さて、今回は入社して3ヶ月のお話をしていこうと思います!

 

入社初日。もちろん入社式!なのですが、、、

ちょうどその頃猛威を振るっていたコロナウイルスの感染拡大防止のため予定されていた入社式は中止され社内で行なうことになりました。

その後も様々な研修や業務体制にコロナウイルスの影響は出続け、

思っていたような新入社員生活は送ることができませんでした。

 

慣れない職場、分からない業務、厳しい指導、それに加えどこにも行けない退屈さや、容易に友人らには会えない現状。

私は一人暮らしですので、こういった不安が余計に辛かったです。

 

しかしこの職場の方々は優しく、よく仕事以外のお話もしてくださいました。

そんな他愛のない話で笑えることが当時の私にとってはとても嬉しかったです。

 

 

実際、まだ入社して3ヶ月しか経っていませんし、すぐに落ち込む性格なので先輩の方々からは「こうやって強くなるんだぞ」といわれてばかりの私ですが、成長して前向きに仕事に取り組めるようになれるよう頑張ります!

 

それに加えコロナウイルスの影響もまだまだ出続けると思いますので、時代の変化に置いて行かれないようにアンテナを張っていきたいです。

 

 

2020.7.7
 
企画室
大田

 

 

 

はじめての改修工事プロジェクト

皆様、おはようございます。

設計部CADオペレーター室の    ウィンです。

 

私は日本にきてもうすぐ三か月になりますが、ブログは初めてです。

 

日本で使用されている建築図面の作成ソフトは、ミャンマーで使うものと同じですが、

日本の建築図面はさらに詳しくなります。

 

わたしは先日、初めて改修工事のプロジェクトに関わりました。

なので今回は改修プロジェクトについて書きたいとおもいます。

 

改修プロジェクトでは、今までの建物の様々な部分を既設として残したり、仮撤去をしたり、新設を行うなどしました。

お客様が欲しい図形が私の書いた図面と互換性があるかどうかは、担当者の確認をもらって行いました。

 

今までは日本の建築設備についてあまり分からなかったのですが、改修工事のプロジェクトに関わったことで理解できるようになりました。

例えば、用途による塗装の使い方等が分かってきたと思います。

 

私は図面に興味があるので、これからも図面について自分が出来ることを頑張っていこうと思います。

 

 

2020.7.02

設計部CADオペレーター室

ウィン

GO TOP