052-846-4001 メールでのお問い合わせ
052-846-4001メールでのお問い合わせ

建築の一部:アリーナ天井を書きました。

皆様、おはようございます。

 

設計部CADオペレーター室の       ウィンです。

 

建物によって天井は違います。

 

例えば、天井は 学校や 病院など、環境に合わせて選びます。

今回は、その中でスポーツセンターで見かけるアリーナ天井について書きたいと思います。

 

我が社では アリーナ天井伏せ図を 私が AutoCADで書きました。

私はアリーナ天井を一度も書いたことがなかったのですが、参考図資料を見て書くことができました。

 

アリーナというのは、「競技場」、「試合場」または「競技場部分に特設された観客席」という意味があります。

天井は 円形状にし、安全に作りました。

 

内容も他の建物の天井によってきちんとした美しいデザインとなります。

 

下の画像のとおり、四つの円形状はブラックインサートを入れ、アルミH型バーメイングリッドを作り、伸びている各線はアルミTバーを焼付けて塗りました。

その線の間にグラスウールボードを含み、コンクリート打放しトップコートとして完成させました。

 

 

 

(例)

 

 

2020.6.29

設計部CADオペレーター室

ウィン

 

 

ミャンマーの「バガンビューイングタワー」について

皆さん こんにちは ! お元気でいっらしゃいますか。

 

設計管理部キャド室の キンと申します。

 

 

最近は前よりもっと暑くなりました。でも時々雨も降っていますので、皆様健康に気を付けてくださいね。

 

今回私は ユネスコで世界遺産に位置マンダレー地域のミャンマーにある古代都市、バガンにある有名な建物をご紹介します。

それは バガンビューイングタワー(ナンミントビューイングタワー)のことです。

 

  

 

バガンビューイングタワー

 

 

 ナンミント(バガン)ビューイングタワーは2005年4月から一般公開されています。

タワーはバガン遺跡の東部にあります。タワーの下に巨大な5つ星リゾートが建てられました。ナンミントとは、ミャンマーで「高貴な宮殿」を意味します。

ナンミントビューイングタワーは、バガンを訪れる訪問者にとって、2000を超える古代の建築寺院や11世紀から13世紀の記念碑の不思議を見るのに理想的なワンストップビューポイントです。

 

 

 

塔の高さは60メートルです。タワーには合計13のレベルがあります。1階には土産物店のある小さなガレリアがあります。最初の2つのレベルは会議室で、レベル5〜7はオフィスルーム、レベル11〜13は閲覧ルームです。

ビューイングタワーの基本的な構造は、ミャンマーの伝統的な芸術と組み合わされたコンクリートと鋼鉄で補強されています。最上階に到達する時らせん階段を使わなければトップレベルに行けません。らせん階段は11階からです。そのらせん階段はとっても狭く、上り下りをするときは一人ずつしか幅がありません。

 

 

 

 私は日本へ来る前にバガンへ遊びに行きました。最上階の展望台からの景色も空気もあまりに綺麗で、写真もたくさん撮って帰りました。展望台にもレストランがあります。入場料は1名あたり5ドルです。入場料はちょっと高いですが、上から見る景色はとっても綺麗なので、バガンへ行く時バガンビューイングタワーへも遊びに行ってくださいね。

 

 

 

住所   ニャウンウー空港から車で約13分

    MAP→ https://goo.gl/maps/P4AfPNKaQd9peD4F6
営業時間 8:00 – 09:00
入場料  USD5

 

 

皆さん毎日元気に過ごしてくださいね。

 

今日も良い一日を~~~

 

 

設計管理部キャド室

キン

<建築散歩ZOOM編(社内)>めずらしい建築散歩

皆様、おはようございます。

 

今回は8月1日土曜日に開催された社内の建築散歩の件についてお話したいと思います。


以前も何度か建築散歩に参加したことがありましたが、今回は新型コロナウィルスの影響で色々な所に行けなくなってしまい、zoomで開催された一時間程度の建築散歩に参加させていただきました。


最初に前に行った建築散歩の件についてスライドで説明していただき、

良い思い出や、色々な所へ行って勉強になったことや、学ぶことのできた建物のデザインを思い起こし、懐かしかったです。

 

 

豊田市美術館

設計士:谷口建築設計研究所

構造形式:RC造 S造 

階数:地下1階 地上階

開館:1995年(平成7年)

 

 

その後は今までまだ行けてなかった日本のめずらしい建物の内観・外観も見れましたし、どの建物がどんなものに特化して建てられたかということも説明していただきました。

 

静岡県富士山世界遺産センター

設計士:坂茂

構造形式:RC造 S造 

階数:地上5階

竣工:平成29年12月23日


コロナの時代に実空間で八人集まるのは難しいですが、zoomで集まれて、わずか一時間で様々な建物に関して色々なことを学ぶことができました。

どの建物が見に行きたいかも話し合うことができ、本当にめずらしい建築散歩でした。

 

 

2020.8.3

設計監理部CAD室

ピュー

GO TOP