こんにちは、経営管理グループの三輪です。

行ってきました、『多治見市モザイクタイルミュージアム』!

IMG_4209
どーん!
周囲に高い建物がないので、ひと際目立つこの外観。
見た目だけで人をわくわくさせるって、すごいです。
ジブリに出てきそうな感じです。
「藤森ワールド炸裂」とは言い得て妙。

すり鉢状のアプローチを下っていくと
IMG_4211
かわいらしい入口があります。
外壁の水玉模様のアクセントはタイルの破片や
IMG_4221
いろんなお茶碗や湯飲みが使われています。

IMG_4223
受付を済ませるとまずは階段で4階へ。

IMG_4224
階段の手すりにもモザイクタイルの装飾が!

4階は開放的な展示場
File_000(3)
絵に見えるものはすべてタイルで描かれています。すごいです。
右側のあみあみは「タイルのすだれ」だそうで、陽の光できらきらしてきれいでした。

壁の絵も
File_000(2)
近づいて見ると、何がなんだかわからないですが・・・

File_001
引いてみると見事な風景画になるんですねぇ。
どれだけの時間をかけたらこんな大きな作品ができるのか・・・・(遠い目)

3階にはタイルの歴史や原料、製造方法などを学べる展示があり
File_000
こんなに様々な種類の模様があることにもわくわくしました。

1階にあるショップではタイルの詰め放題販売があったので
自宅の植木鉢を装飾してみようと購入。すっかりはまってます。
ワークショップもあるので、自宅でなくても体験できるようでした。

昔は様々は用途・場所で利用されていたモザイクタイル。
昔を懐かしみ、改めてその魅力を再確認できる楽しい場所でした。

お近くへお出かけの際はぜひ、お立ち寄りください。

多治見市モザイクタイルミュージアム公式サイトはこちら