こんにちは!
設計部のピューです。
私は「土木学士」を卒業しましたが、日本では「建築」の方に努めてるので、難しい事もあります。
建物デザインの考え方などはあまり分からなかったですけども、
今は前よりもっと分かるようになったと思います。
逆に自分の事を建築士と考えを変えてみました。

前に、良いエンジニアというのは「凄い建物を作ってお客さんの喜びを貰う」それだけでいいと思っていました。
現実には、建築家の頭脳は常に勉強をする必要があります。
例えば、日本とミャンマーでは地理的特徴が異なり、気候も非常に異なるため、構造の設計は非常に異なります。
同様に、資格のある建築家がすべての構造材料を理解していない場合でも、さまざまな国の研修することをお勧めします。
それから、あなたの脳は常に革新的であり、あなたの脳は革新でき、あなたのデザインは新鮮です。
どうやって?
それは最近非常に簡単です。
電車の中での自由時間にグーグルで利用可能です。
1日でも、1か月でこれらの30の州を特定できます。勉強を続けることが重要です。
上記のように、私たちはこの現代のトレンドに追いつくように協力しなければなりません。
あなたの脳が絶えず革新しているなら、あなたができる限り最高の仕事をしてください、
あなたは資格のある建築家になることができます。
成功した建築家になるために。。。。