こんにちは!工事監理部の渡部です。
早くも4月となり、弊社にも新入社員がやって参りました。
新入社員を迎えるにあたって、事務所内の大幅な模様替えをしました。
年々人数が増えていく事務所を見ると、引っ越し作業の時も、
賑やかになる事務所の様子を想像して、とても楽しくなってしまいます。
私は、設計の鈴木さんと共に、社長から直々にアドバイスをいただきながら、
限られたスペース内で、かつ以前より使い勝手がよくなるように、
試行錯誤しながら荷物を移動させていくという作業を手掛けました。
この作業の中で、実際にお客様からヒアリングしながら、
内装・外装の設計を行う設計部の仕事と通ずるものがあると感じました。
使用者のことを当事者以上に考え、あらゆる角度からベストを追求し、
自信をもって提案をしていく設計士という仕事の高度さを改めて実感するのと同時に、
共に働く設計士の仲間を誇りに思いました。

私は深く考え込むことを苦手としており、設計事務所の中で仕事をするうえで、
考えることは何よりも大事にしていかなければならないと感じています。
多面的に、かつ論理的に物事を考えることをとにかく日頃から意識していこうと改めて決意しました。