皆さん、こんにちは 設計管理部のキンです。

皆さん お元気ですか。最近の天気は少し寒くなりました。毎日温かくして過ごしてくださいね。

 

今回私は私の国の有名なお祭りのことをご説明します。それは ThadingyutFestival(タディンジュ祭り)です。

 

(https://myanmar.theblog.me/posts/7204863/より引用)

 

 

「Lighting Festival(あかりのおまつり)」としても知られているタディンジュ祭りは、上に保持されている満月のビルマ太陰月の日「Thadingyut」。

習慣として、仏教の安息日(ヴァッサ)の終わりに開催され、「ティンヤンフェスティバル(新年の水祭り)」に次ぐミャンマーで2番目に人気のあるお祭りです。

 

Thadingyut祭りは、彼が説教した後、天から仏の降下を歓迎する祭典ですAbhidhammaを彼の母親にマヤ天に生まれ変わりました。

ミャンマー暦の7か月目である七月は、仏教の安息日またはヴァッサの終わりです。タディンジュ祭りは、満月の前日、満月の日(仏陀が天から降りる日)、満月の翌日の3日間続きます。仏の母、マヤは、ブッダが生まれた7日後に死亡し、その後、彼女はに生まれ変わりましたという利天男性として天国仁王門。母性への感謝を示すために、仏陀は三四旬の間彼の母であったそのデーヴァにアビダマを説教しました。彼が死すべき世界に戻っていたとき、

TrayastrimsaHeavenの支配者であるSakra -devanam-indraはすべての聖人と悪に3つの貴重な階段を作るように命じました。

それらの階段は金、銀、ルビーでできていました。仏陀は真ん中のものをルビーと一緒に取りました。ナッツ(デヴァ)は、右の金色の階段と左の銀色の階段からブラフマを通りました。

 

 

  

 

 

お祝いとして仏教徒は、これら3つの階段を表す色付きの球根またはろうそくで通り、家、公共の建物を啓蒙し、花飾りをつけることによって、仏陀とその弟子たちを歓迎するためにタディンジュを祝います。Thadingyut Festivalの期間中、全国のほとんどの街でzat pwes(ミャンマーのミュージカル劇)、無料の映画ショー、ステージショーがあります。ミャンマーの伝統的な食べ物やお店を売る屋台もたくさんあり、ほとんどの街でおもちゃや台所用品などの便利なものを売っています。観光のためだけに街を歩き回って楽しむ人もいます。爆竹や気球で遊ぶのが好きな人もいます。

 

祭りの日中、仏教徒は通常、僧侶に敬意を払い、食べ物を提供するために仏塔や僧院に行きます。そして、一部の仏教徒は通常、満月の日に断食します。若い人たちは通常、両親、教師、年配の親戚に敬意を払い(ガダウ)、果物やその他の贈り物を提供します。また、若い人たちは敬意を表する一方で、通常、一年を通して両親や他の年配の親戚に引き起こした不正行為からの許しを求めます。伝統的に、長老たちは若者たちに、彼らは彼らの不正行為を許し、幸運で彼らを祝福し続け、小遣いとしていくつかの大きなメモを贈ると言います。若い兄弟が年上の兄弟に敬意を払うことも普通です。その見返りに、年長者は彼らに幸運を祈り、彼らに小遣いを与えます。(一部Wikipeediaより引用)

 

 

なので ミャンマーの「あかりのおまつり」は両親と お年寄りと先生達に感謝を伝える、1年不孝のお許しをしてもらうためのこの日、とても素晴らしい習慣です。

 

 

みなさん毎日元気に過ごしてくださいね。

 

 

 

今日も良い一日を~~~

 

  

 

 

設計管理部キャド室

 

キン