品質や機能、デザインの向上とコスト抑制とのバランスを図ります。

平面形、断面形、階数のバランス、地下構造、構造計画上のバランス、設備計画上のバランスをチェックし、事業上最もふさわしい計画を策定します。

要素を出来るだけ小さくし、シンプルで使いやすく、ローコストな建物を目指します。・異なるデザイン、計画、設備などについて見積りを徴収し、比較検討を行います。

ポイント
要素は出来るだけ小さくします。
RC造、S造、木造の順で価格は低くなります。
構造のスパンで過大な部分はないか、経済スパンの構造を検討しましょう。
階数は低いほど、形態はシンプルなほど価格は低くなります。
2室を1室にできるような計画であれば、大幅なコストダウンになります。