耐震診断に関するご相談を頂いた場合には、まずは、無料耐震診断・予備調査を行います。
予備調査では、図面、構造計算書、検査済書、ボーリング調査資料などの資料を元に事前調査を行いますが、予備調査には費用はかかりませんので、安心してご相談ください。

この次に行う建物の現地調査、計算を行う業務が耐震診断であります。
診断の費用は、建築物の大きさ・形状・構造、診断の程度、設計図書の有無、現地調査の有無により異なりますが、一次診断であれば、50万円~200万円程度であることが多いです。
二次診断であれば延べ面積に対して、1,000円/㎡から2,000円/㎡程度です。(RC造、鉄骨造、コア抜きはつり費用等も含む)詳しい金額に関しては、お問合せください。

耐震診断の費用

ご覧いただくと分かるとは思うのですが、耐震診断にかかる費用は決して安い額ではありません。また、建物は形状や構造などが異なり、それによって工事が必要かどうか、適している工法が何なのかも異なります。

そこで、US計画研究所では「そもそも工事が必要なのか」ということや「単なる耐震診断、耐震補強ということに止まらず、その建築物を有効に活かしていくためのコンバージョン(用途変更)のアイデア」などに関しての相談もお受けしています。

まずは「無料簡易耐震診断」
ご利用いただくことをお勧めしています。