ターゲットをとことん絞る

ターゲットをとことん絞る

差別化と言っても施設のブランディング、スタッフだけでは難しいところがあります。
多様な差別化を実践してきたからこそできるその地域に適合した差別化を行います。
ただ入居者を集めれば良いというのではなく、「集まり続ける仕組み」が必要です。
今回は入居する方を要介護にしぼり、さらにその上で入居の期間や費用・ニーズを分け選択ができるよう差別化をはかりました。
ご家族としては、「迷惑をかけるのではないか?」「同じ状態の人はいるのか?」など不安はつきません。
要介護度が同じ人を同じフロアにすることで、ご家族間のコミュニケーションや、入居者同士のコミュニケーションを高め、さらにはスタッフの仕事内容の統一化が可能です。近くに大きな総合病院が立地していることはかかせませんが、立地場所を活かしたからこそできる差別化です。