選択の自由の幅を広げ、様々なニーズに対応

選択の自由の幅を広げ、様々なニーズに対応

グループ内連携によるメインコンテンツを活かして、入居率UPを目指します。
同じ部屋の大きさで同じサービスがすべての入居者にマッチングするとは限りません。その地域の生活レベルを考慮した上で、部屋の大小の大きさやお財布事情を考慮した入居料プランを変えたり、トイレは共有スペースを利用する部屋をご用意し価格帯を下げるなど入居者の介護レベルや金銭状況でも選択が自由にできるように、多様な部屋を設計しました。クリニックのリハビリ施設としての活用を考慮した設計で差別化を図った例です。